プロの離婚協議書作成

よくある質問

サービスに関して

費用は前払いですか?後払いですか?

前払いです。こちらからお見積り後に、お支払いください。

支払い方法を教えてください

銀行振込となります。事務所に近いかたは、直接ご持参頂いても大丈夫です。

後から追加はかかりますか?

後からの追加費用はかかりません。ただし、ご依頼内容の変更や追加がある場合など、費用が発生する場合は、お見積りしてご連絡致します。

依頼してから、どれくらいの期間がかかりますか?

おおよそ1週間ほどかかります。ご依頼内容によっては、お時間を頂く場合がございます。その場合は事前にご連絡致します。

 

離婚協議書に関して

なぜ離婚協議書が必要ですか?

口約束の場合、その後言った言わないになり、揉めることがあります。離婚協議書は、養育費の支払いが滞った場合の、法的措置の根拠となりますので、将来の不安を減らすことにつながります。

養育費の相場はあるのですか?

養育費は、裁判所の養育費算定表を参考にしてください。おおよそ一人4万円~6万円ぐらいです。

慰謝料に関して

慰謝料の相場はあるのですか?

いくら慰謝料を請求するかは、請求する側の自由です。ただ有名タレントの浮気のように数千万円の慰謝料請求はさすがに無理があるでしょう。 もっとも相手が支払うというなら話は別ですが。 一般的に不貞行為が長期に及んだ場合を除いて、数10万円から200万円位の間が多いと思われます。

慰謝料請求に時効はありますか?

あります。この権利は最後の不貞行為を知った時から3年経つと請求できなくなります。

夫が他の女性と浮気をしていることがわかり、離婚したいと思っていますが、相手の女性に対して慰謝料を請求することができるのですか?

裁判所は、配偶者の不貞行為の相手方に対して、不法行為による損害賠償を請求する権利を他方の配偶者に認めています。(最判昭和五四年三月三〇日民集三三巻二号三〇三頁) ただ最近では不貞行為は配偶者の自由な意思が働いている以上、責任はその配偶者にあり、不貞の相手方の行為は不法行為にはあたらないとする考え方や、性の自己決定権を前提に責任を否定する考え方が有力になってきています。しかし、結婚生活が破綻したことが、不貞行為が原因である場合にはなにがしかの慰謝料は認められるでしょう。また相手の女性が、あなたのご主人が独身だと思っていた、あるいは思わされていた事実があると、相手の女性に慰謝料請求するのはむずかしいかもしれません。